年収1,000万円のサラリーマンの皆さんへ

 皆さんは組織の中で中核として活躍するいわゆるエリートの方々です。情報感度が高い皆さんですから、大手企業で役職定年や早期退職が当たり前のように行われているのはご存じですね? エリートであったはずなのに突然の減給や退職を迫られる。ですから皆さんは会社以外の収入源として不動産投資に興味を持ちこのページを見ている。違いますか?

 それでは、どうやって不動産投資を始めたら良いのでしょうか? まずは知識を得て、そして実践する。まさにその通りです。「知識」の入り口。それは本やセミナーです。そして「実践」をサポートし相談できるメンターの存在です。

 昨今、不動産投資が過熱しており、サラリーマンを対象としたセミナーは、有償、無償を問わず沢山あります。いきなりセミナーでは敷居が高いので、まずは不動産投資の本を読み始めるという方も多いでしょう。「実践」のサポートになる仲間やメンターを得るために○○塾や○○会へ入会する方も多いでしょう。

 サラリーマンを対象とした不動産投資本も最近は異常なくらい増えています。しかし、その中には、「○○大家」と称して本を出版し、それを客寄せの「撒き餌」として、高額なセミナーや○○塾や○○会への入会などを勧誘するものも多いのをご存知でしょうか? もちろん良い内容の本もありますし、内容がしっかりした塾や会もあります。しかし読者が入門者なのをよいことに、「単なる宣伝本」や「再現性に乏しい内容の本(単に著者の運が良かっただけ)」、また、単なる「業者に対する見込み客紹介」や「主催者の商材紹介」の内容の薄い会が多数あるというのは紛れもない事実です。

 皆さんは「主催者が本の著者だから信頼できる」と思っていませんか? 実は、本の出版はその気になれば誰でもできます。「本を出版している」=「信用できる、実績がある、再現性がある」という訳ではありません。また、「塾の費用が高額」=「実績がある、信頼できる」という訳でもありません。お金と内容が一致しない不思議な世界です。情報感度の高いはずの皆さんが、そんな再現性のない話に乗ってしまうのでしょうか?

 私達コンサルタントは全員が年収1,000万を超えるサラリーマンでした。そして不動産投資で実績を出し、既にサラリーマンからリタイア、セミリタイアを達成している現役の不動産投資家です。同じ立場を経験しているからこそ、再現性があるコンサルティングができると自負しています。

「無知」は不動産投資での致命傷

 不動産投資は始める前に勉強が必要でしょうか? もちろん必要ですね。不動産投資において「無知」は致命傷となります。不動産投資は数千万円~数億円という大きな金額が動きます。間違った方法で不動産投資を始めてしまうと簡単に方針転換、リカバリーは出来ません。破綻という最悪の事態に陥ってしまうかもしれません。世の中には自ら実践していないのに自己の利益優先でアドバイスをする不動産投資塾、コンサルタント、不動産業者などが大勢います。彼らのアドバイスに従って失敗したとしても誰もあなたを救ってはくれません。「無知」が不動産投資で一番のリスクです。

 失敗する人の多くを占めているのは「何もしないで毎月お金が入ってくる」と簡単に儲かることを信じて、知識も無しに不動産を買ってしまう人たちです。セミナーに参加して「これでセミリタイアできる」と舞い上がり買ってしまう人、カリスマ大家さんたちのセミナーに参加して「これで私もカリスマ大家の仲間入り」と不動産投資のリスクを勉強せずにメリットだけを鵜呑みにしてしまう人たちです。

 それではどんな勉強をすれば良いのでしょうか? 結論を言えば「実践投資家」に学ぶこと、これに尽きます。アドバイスを受けるのであれば、不動産投資を実践し結果を出している投資家、大家さんにお願いするのがベストです。皆さんの周囲にそのような方がいればアドバイスをお願いしてみてください。その方にメンターになってもらえれば幸運です。とても有益なアドバイスを頂けるでしょう。

 もし、不動産投資を始めたいけれど周囲にそのような方がいないのであれば、私達の「あたらしい不動産投資塾」の門を叩いてみてください。お会いしてみて、厳しいことも言うかもしれませんが、皆さんが本気で不動産投資の取り組む覚悟があれば、私達は皆さんを成功に導くべく全力を尽くします。

「個別コンサル」と「集団セミナー」

 一般的な不動産投資塾やセミナーでは講師1人に受講者多数という形式で講義が行われます。講師1人に受講者40人のような形式です。これは正しい姿でしょうか? 疑問を感じませんか?

 不動産投資の一般的な知識やマインドセットを学ぶのであれば悪くはないでしょう。ですが、皆さんが本当に学びたいのは「皆さん自身が不動産投資で成功する方法、知識」ですよね? 不動産投資塾やセミナーに参加するのは、目的、目標、年齢、自己資金、年収、保有不動産等が様々な人達です。「年齢40歳、年収800万円で、あと3年でサラリーマンをリタイアしたいAさん」もいれば、「年齢50歳、定年までサラリーマンを辞めるつもりはないけれど、年金だけでは不安なので定年時に残債の無いアパートが1軒あれば良いBさん」もいます。

 このAさんとBさんでは不動産投資で採用すべき最適な方針、方法が違うのは当然ですね。ですが1つの教室に大勢の受講者を集めて行う方式の不動産投資塾やセミナーで、Aさん、Bさんの個々にベストなアドバイスを行えるでしょうか? 行えるはずがないですね。

 私達の「あたらしい不動産投資塾」では、1つの教室に大勢の受講者を集めて講義をするような方式を採用していません。基本的に会員個人に対する個別コンサル方式を採用しています。その理由はこの方法しか会員の皆さんに対してベストなアドバイスをすることができないと考えているからです。1人1人の方に最適なアドバイスを行うため、大勢の方を会員として迎え入れることはできません。

最後に

 正直に申し上げまして不動産投資は誰にでも出来るものではありません。「自己資金なしでも出来る…」とか「年収300万円でも可能な…」を謳い文句にするセミナー、不動産投資塾、本などが多数ありますが、はたして???と考えてしまいます。運が良かった一部の人は上手く行ったのかも知れませんが、とても再現性があるとは思えません。

 ですが、もしあなたに年収1,000万円の属性があり、不動産投資に本気で取り組む覚悟があれば、不動産投資は大きな可能性を秘めています。サラリーマンにとって年収1,000万円は一つの到達点でありステータスでもあるでしょう。しかし不動産投資に成功すれば、そのような数字は通過点で、その数倍に達することも夢ではありません。この文章を読んで頂いた皆さんにはその可能性があることを是非知っておいてください。

 不動産投資の大きな可能性に気づきながらも「どうしようか」と躊躇している方もいらっしゃると思います。金額を考えればもっともなことです。私達も最初の一歩を踏み出すまでには様々な葛藤がありました。簡単な世界ではありませんが、勇気をもって人生を変えるための一歩を踏み出してみてください。私達も普通のサラリーマンでした。私達に出来て、皆さんに出来ない訳はありません。

あたらしい不動産投資塾は他と何が違うのか?

①コンサルタントは結果を出した実践不動産投資家です。

②徹底した個別コンサルティングを通じて、会員個々が不動産投資の目標を確実に達成するべく導きます。

③厳選した物件紹介を行います(そのため、紹介できる物件数は多くありません)。

参加条件

①本気で不動産投資に取り組む覚悟がある方

②年収1,000万円以上の方

③不動産投資に使える資金が1,000万円以上ある方

④一都三県(東京、千葉、埼玉、神奈川)に居住されている方

(②③については保証人の有無やどのような不動産投資を行うのか? また④についても居住地は一都三県外であるが勤務地が東京である、などによって対応可能な場合もありますのでお気軽にお問合せください)

入塾面談申込み

会社概要

住所 〒107-0061
東京都港区北青山3-6-10 パラシオ青山302
社名 株式会社 スイングバイ